ダイカスト製品搬送耐熱ベルトコンベア

特SWM-80-500

ダイカスト製品搬送用のコンベアです。
ダイカスト製品は、ダイカストマシンから取り出された状態でおよそ400℃程度あるため、一般的には耐熱性を考慮してステンレスメッシュベルトによる搬送が多く用いられます。
また、コンベア上に送風装置を設置することで製品を空冷して運ぶことも多いため、風が通り抜けるようにというメリットもあります。
ただし、製品への傷を気にする、高精度・高意匠の製品場合はメッシュベルトは避けられることがあり、今回のような耐熱ベルトを用いることがあります。
今回はSWMをベースに、アラミド繊維を使用した耐熱ベルトで製作しました